お役立ち知識 | 大人ニキビ化粧品と化粧水

人気の大人ニキビ用化粧品TOP5はこちら

お役立ち知識

大人ニキビの場合のメイク

大人ニキビになってしまった場合、メイクはどうしていますか?

メイクをしてしまえば目立たないからと、いつもどおりのメイクをしてしまっていることはありませんか?

大人ニキビになってしまった状態で、ファンデーションを使用するのはできるだけ避けましょう

ニキビの上にファンデーションを塗ると、ニキビが悪化したり、化膿してしまったりということが起こります。

また、皮脂とともに酸化してしまう場合もあります。

しかし、メイクに慣れてしまうと、メイクなしで外出するのに気が引けてしまうという人もいるかもしれません。

そんなときは、コンシーラーを使用するようにしましょう。

コンシーラーはニキビを隠してくれます。

また、ニキビの悪化を防ぐ化粧品や治療薬もあるので、
ファンデーションを塗る前に塗っておくと、ニキビに直接触れるのを防いでくれます。

ファンデーションをニキビができている部分に塗るのは避けたいですが、
どうしても直接塗らないといけない場合は、パウダータイプのものを使用しましょう。

大人ニキビの洗顔方法

スキンケアをしても、いまいち効果がないという人は正しいスキンケアができていないかもしれません。

スキンケアには洗顔から化粧水、乳液など多ありますが、その中で間違いが多いのは洗顔法です。

ニキビになってしまったりすると、汚れを落とさなければと、
1日に何度も洗顔フォームなどを使用して洗顔してしまいがちです。

しかし、何度も洗うと過剰に皮脂が分泌されるようになり、逆効果です。

皮脂の量が増えてしまった場合は、洗顔を減らせば自然と皮脂は減っていきます。

そのため、自分は洗顔をしすぎたという人は顔を洗う回数を意図的に控えるようにしましょう。

また、肌本来の持つバリア機能を破壊してしまうことも洗顔のし過ぎた場合の悪影響の1つです。

なので、洗顔は朝、夜の1日2回に抑えるようにしましょう。

また、肌を洗う場合にはしっかりと泡立て、肌を包み込むように洗うと汚れがすっきりと落ちます。

オイリー肌と乾燥肌

肌質の中には、オイリー肌と乾燥肌があります。

一般的に、ニキビができやすい人はオイリー肌の人が多いです。

なぜ、オイリー肌の人に多いかと言うと、そのような肌質の人は皮脂の分泌が多いので、
皮脂が毛穴につまってしまい、炎症を起こしてしまうからです。

しかし、大人ニキビに代表されるように、オイリーでない肌質の人、
乾燥肌でもニキビができやすくなってしまいます。

これは、乾燥肌の人は毛穴が小さいといった傾向があるからです。

毛穴が小さいと、皮脂の通る道が必然的に狭くなってしまうため、皮脂が詰まりやすくなってしまいます。

逆に、毛穴が大きい人は皮脂量が多くても、皮脂の排出がスムーズなら毛穴が詰まりません。

ニキビは同じ場所にできやすい

ニキビが同じ場所にできてしまうと感じることはありませんか?

実際に、ニキビは同じ場所にできやすくなっています

炎症を起こした肌は、自己治癒力や免疫力など肌本来の機能が衰えてしまっています。

そうなると、雑菌やウイルスなどが肌に進入しやすくなり、
そのようなウイルスに対抗できずに、ニキビになりやすくなってしまうのです。

肌が綺麗になったから大丈夫と思っても、皮膚の内面ではまだ炎症が完治していないということもあります。

そうすると、ちょっとした刺激で炎症を起こしてしまったりします。

そのため、ニキビが治ったといっても油断せずにニキビの対策を続けていくようにしましょう。

継続した努力が綺麗で健康的な肌を作っていくことを忘れないでくださいね。

白ニキビの原因と治療法

白ニキビは肌の色に近い状態なので目立ちません。

なので、気にしなくても大丈夫なのではないかと思いがちですが、
そういうわけではなく、きちんとしたケアをすることが欠かせません。

まず、白ニキビの原因について触れておきます。

毛穴で異常角化が起きると、皮脂が毛穴の中に入ってきやすくなります。

この皮脂のことを、白ニキビ(コメド)と言います。

白ニキビは初期状態なので、この状態で対策をしておけば比較的楽にニキビを治すことができます

白ニキビは毛穴に直接的なケアをするのではなく、洗顔をしっかりしたり、
冷え性や便秘にならないように食生活を心がけるなど、生活面を改善するように気をつけましょう。

どうしても気になる人は、ケミカルピーリングなどの対策もありますが、
肌に負担がかかってしまうので、活用には十分気をつけたいですね。

赤ニキビと黒ニキビ

白ニキビは、ニキビの初期状態として知られています。

しかし、白ニキビの状態で十分なケアをしないと、赤ニキビや黒ニキビになってしまうことがあります。

黒ニキビとは、皮脂が酸素に触れて黒くなってしまったものです。

黒ニキビは目立ちやすいだけでなく、色素が沈着してしまうこともあるのでしっかりとケアをしましょう。

しかし、白ニキビや黒ニキビの状態で改善しきれずに、肌が炎症を起こしてしまう場合があります。

これを赤ニキビといいます。

酷くなると化膿したり、痛みを感じることさえあります。

赤ニキビの厄介なところは、跡形が残りやすくなってしまうことです。

この腫れたニキビは絶対に手で触れないようにし、
クリニックに通ったり、ニキビ薬などを使用して気長に治すようにしましょう。

適度な油分・水分が必要

肌が乾燥してしまったら、とにかく水分補給をと思う人も多いのではないでしょうか?

しかし、適度な角質を作るためには水分だけでは足りません。

適度な油分が必要となってきます。

また、オイリー肌の人は肌がべとべとになってしまうからと
乳液やクリームの使用を避けてしまう人も多いのではないでしょうか?

しかし、乳液などには肌を柔らかく保つ働きがあります。

そのため、これらを使用しないと角質が固くなったり、毛穴が詰まりやすくなります。

最近はオイリー肌の人用の乳液やクリームなども販売されているので、油分が少ないものを使用しましょう。

また、できれば乳液やクリームだけではなく、潤いを与えるために保湿剤も積極的に使用したいですね。